Posted in 注文住宅

あなたにピッタリの注文住宅メーカーを選ぶためのポイント

住宅は人生の中でとても大きな買い物です。ですので、絶対に自分好みの住宅にしたいですよね。

自分に合った住宅を建てる場合、注文住宅を建てるメーカー選びが重要になります。自分にピッタリの注文住宅メーカーは、どのようにして選べば良いのでしょうか。そのポイントについて確認していきましょう。

ハウスメーカーと工務店、違いとメリット・デメリット

ハウスメーカーとは

注文住宅を建てる場合、ハウスメーカーに依頼するという話をよく聞きます。ではハウスメーカーとは何かというと、明確な定義があるわけではありません。しかし、一般的には全国的な大手の住宅メーカーのことを指す言葉となっています。

ハウスメーカーのメリットとしては、住宅を建てる上でのマニュアル化やシステム化がしっかりとしている点が挙げられます。ですので、短い納期での住宅建築が可能です。

自由度は低くても、信頼性やブランドイメージなどを重視したり、工期を短くしたいと考えたりしているのであればハウスメーカーに依頼するメリットがあります。

工務店とは

工務店とは、大手住宅メーカーと比較して、地元に密着した事業規模の小さい住宅建築会社のことを指します。ただ、絶対的な定義というのはありません。

工務店のメリットは、建築の自由度が高い点が挙げられます。ハウスメーカーであれば、住宅の規格がある程度決まっているケースが多いです。その点、工務店は顧客との相談によって、設計建築にある程度の融通を利かせてくれます。

大手の住宅メーカーに比べると信頼性はやや低くなりますが、自由に自分らしい住宅を建てたい場合は工務店に依頼すると良いでしょう。

家を購入する目的を考えてみよう

家に何を求めるかを自分や家族に問う

注文住宅を購入するのであれば、その前に一度、家を購入する目的について考えてみましょう。なぜならば、それを考えることで自分の求める家の形が明確にイメージできるからです。

まずは自分、そして次に家族に家に何を求めているのかを質問してみてください。そうすると、色々な意見が出てくるはずです。「マイホームが夢だったから買う」とか「広い生活空間が欲しいから」とか「最新の機能的な設備の住居に住みたいから」などが例としてあります。

これら、自分や家族が住宅に求める要望が出て来れば、それをまとめて注文住宅購入時の条件にしてみてください。それを叶えてくれるのが、自分に合う注文住宅メーカーになります。

家族が増えた時のことを想定しよう

注文住宅を購入する目的は、今いる家族のためだけではありません。新婚でこれから家族が増えるかもしれないなど、ゆくゆく増える家族のためにも住宅の造りを考える必要があります。

これら家族が増えた時のことを想定することも、自分に合う住宅を購入する上では欠かせません。あらかじめそこに住む人の人数を想定しておくことで、部屋の間取りなどもそれに合わせられます。

将来のことは100%は分かりません。しかし、それでもある程度は想定しておくことは可能です。ですので、家族が増えた時のことを想定して家を購入する目的を考えるのも大切になります。

どうすれば自分にピッタリの家が見つけられる?その方法について

モデルハウス巡りから始めよう

どのような住宅が自分にピッタリなのか。頭の中で考えたり、雑誌やWEBで家のことを調べてもしっくりこないことも多いです。それは、実際に住宅を目にしていないからではないでしょうか。そのため、直に住宅を見て触れることができるモデルハウスの活用をお勧めします。

モデルハウスは、ハウスメーカーや工務店などが、本物の住宅を使って公開しているものです。そのため、具体的な住宅の状況がリアルに分かります。

地域にもよりますが、モデルハウスは様々なものがあります。ですので、自分に合う住宅を知るためにも、モデルハウス巡りから始めてみるのも大いにアリでしょう。

住宅コンサルタントに相談を

住宅に関する仕事をしていない限り、私たちは住宅に関して素人です。そのため、自分のピッタリの住宅を探す上で、十分な知識を持っている専門家に相談をしてみましょう。その専門家の一つとして、住宅コンサルタントが居ます。

住宅コンサルタントは、住宅の設計面の知識やアドバイスはもちろん、インテリアコーディネートや資金計画まで相談に乗ってくれるケースが多いです。つまり、住宅に関する悩みや疑問を全般的に解決してくれる方だと言えます。

専門家だからこそ見える視点というものもあります。是非、住宅コンサルタントなど専門家も頼ってみてください。

その他の注文住宅についての記事はこちら → 新築祝いのお返しで悩んだ!そんな私はこれを贈りました

まとめ

限りなく自分にピッタリな住宅メーカーの選択は、今回ご紹介したポイントを踏まえることで可能です。

参考にしていただき、是非とも理想的な住宅を手に入れてください。