Posted in 予算

いくらの家なら買える?無理のない新築購入予算の決め方

新築の家を購入する場合、とても多くのお金が必要になります。そのため、無計画な予算計画では、家計が破綻してしまう可能性も考えられます。

今回は、無理のない、適切な予算の決め方について解説していきましょう。

住宅購入に充てる現金の範囲を決めよう

ローンの頭金として必要な額を知る

住宅購入をする際には、ある程度の現金を確保しておかなければなりません。

その現金での支払い分として、住宅ローンの頭金としての支出があります。頭金として支払う額は0円でも良いというケースが出てきています。しかし、手付金などで100万円程度は必要になりますし、平均的な価格の新築なら、200万円程の頭金の支払いが一般的です。

購入する新築の価格によっても、頭金は変わってきます。ですので、ローンの頭金として必要な額を知り、それが自分の手持ちの現金で支払えるか判断しましょう。

預金が多くても適度な範囲を現金で支払う

住宅を購入する場合、できるだけローンという形式で支払う金額は減らしたいものです。それは、ローンとなる金額には金利がかかるので、その分割高になるからです。そのため、預金にある程度の余裕がある方は、平均以上に頭金として現金での支払いをしようと考えるのではないでしょうか。

多くの額を現金で支払うほど、住宅ローンの額は減るのでトータルでの返済額も軽くなります。しかし、預金のほとんどを使ってしまうと、万が一の時の蓄えが無くなってしまい、危険です。

たとえ預金が多くても、頭金として現金で支払う額は適度な範囲にしておきましょう。たとえ住宅ローンの総額が高くなったとしても、その方が安全です。

借り入れ金額を決める

自分の経済状況から考える

住宅ローンの借入額は、個々人の経済力によって変わってきます。そのため、自分の経済状況を考えることが、住宅ローンの額を決める大きな一手となります。

経済状況として確認すべき、基本的な項目としては、年収、預金額、他の借金やローン返済、担保として使用できる資産などです。これらを踏まえて、どれくらいの額が借りられるのかを計算してみましょう。住宅ローンの借入額の計算は少し難しいですが、インターネット上で簡単に計算できるサービスも多くあります。

自らの経済状況を改めて確認することで、適切な住宅ローンの借り入れができるようになるでしょう。

選択するローンの種類も大切な要素

住宅ローンの借入額は、決して年収や現在の経済状況だけで決まる訳ではありません。

その他にも、色々な要素を含めて考える必要があります。その要素の一つとして挙げられるのが、借り入れるローンの種類です。

住宅ローンは一律で同じ金利ではなく、借り入れをする期間や固定金利か変動金利によって大きく変わります。基本的に借り入れ期間が短ければ金利は低いですし、変動金利の方がその時点では固定金利より安い金利が適応されます(変動のため、今後金利が高くリスクはある)。

これらの要素を踏まえてローンを選択し、そのローンの金利によって借り入れ総額を決めるということも必ず行ってください。

その他の住宅ローンについての記事はこちら → 損しない住宅ローンの選び方

無理のない購入額なのか再度確認しよう

ライフスタイル・ライフイベントを確認

現在の預金や年収などの経済状況から、住宅の購入額が決まったとしても、もう少し考える猶予を持ってください。なぜなら、試算上は支払い可能と思っていても、実は無理な購入額だったというケースは少なくないからです。

それを確認する上で、自分や家族のライフスタイルやライフイベントを見直すことは大切です。家族がライフスタイルの中で高額な出費をする傾向にあったり、ライフイベントで進学や車購入など大金が必要だったりするなど、いろいろとお金が必要なことがあります。

これらのライフスタイル・ライフイベントでの出費も試算に含めて、再度購入額を確認するようにしてみてください。

住宅の維持費も計算に含めよう

新築の住宅にかかる費用は、その建築費用やローンの支払い額だけではありません。新しく建てた住宅自体に維持費が必要な場合があります。この維持費がかかることも計算に含めた上で、住宅の購入額を設定すると余裕ができます。

維持費の内訳は、個人差があるため一概に言えません。しかし、固定資産税などの税金関係、建築してから数年後に行うべき塗装のし直しなどメンテナンス費用などが挙げられます。

これらの維持費についても、数年単位で見ておくことで、無理のない新築購入額の算定がしやすくなるでしょう。

まとめ

新築購入で無理をしてしまうと、生活そのものに経済的な支障を来すことがあります。それに、住宅ローンの支払いが滞り、住宅を手放すリスクも考えられます。

生活や住宅を守るためにも、新築購入の時点で計画的な予算を立てたいですね。